ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)の上場する取引所を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)はいずれ上場すると言われ続けています。

しかし、具体的にはどの取引所に上場するのでしょうか。

そこで今回はAglet(アグレット)の上場しそうな取引所について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)の上場する取引所を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)が上場する取引所は不明

Aglet(アグレット)がどの取引所に上場するかは判明していません。

今のところ、それらしい情報も出てきていません。

それどころか上場する時期さえ不明です。

これまでは年末にかけて上場すると見られていましたが、最新の開発ロードマップ上では上場は2023年以降にずれ込んでいます。

また、その内容も「詳細を公表するには時期尚早」とされています。

おそらくはAglet(アグレット)の内部的も上場取引所は決まっていないのではと思われます。

とはいえ、決まってから口座を作っていては遅すぎます。

そこでここからはAglet(アグレット)が上場する可能性の高いと思われる取引所を紹介していきます。

なお、仮想通貨の上場とは、単に取引所で取り引きできるようになることを意味します。

しかし、Aglet(アグレット)に関しては今のゲームで獲得できるRegular Aglet(RA)やGold Aglet(GA)がそのまま上場することはまずありえません。

おそらくは「AGLET」という名称の新しいトークンとして上昇するのではと思います。

また、すでに稼いだRAやGAが上場した新規トークンと交換できるかも不透明です。

仮にできたとしても、おそらくはかなり不利なレートになるでしょう。

基本的には今のAglet(アグレット)は稼ぐために使うというよりは、純粋にゲームを楽しむ目的で使うことをおすすめします。

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所【Bybit(バイビット)】

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所としては、まずBybitが挙げられます。

Move to Earnとしては他にSTEPNやSWEATCOINが先行してい上場していますが、Bybitは両者ともに上場している稀有な取引所です。

そうした経緯を考えると、Aglet(アグレット)が上場する可能性も小さくないでしょう。

ちなみに、SWEATCOINが上場している他の取引所は以下のとおりです。

・Kucoin ・OKX ・FTX ・BITFINEX もちろん、このいずれかの取引所にAglet(アグレット)が上場する可能性もあります。

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所【Binance(バイナンス)】

Binance(バイナンス)もまたAglet(アグレット)が上場しそうな取引所のひとつです。

Binance(バイナンス)に関しては単なる仮想通貨取引所ではなく、NFTも扱っています。

その点、最近になってNFTの扱いを始めたAglet(アグレット)とは非常に相性がよいはずです。

実際、先行して上場しているSTEPNのNFTに関してはすでにBinance(バイナンス)のマーケットで取り引きされています。

もっとも、Binance(バイナンス)はSTEPNの大口出資者という事情があります。

また、実はAglet(アグレット)とSTEPNは非常に仲が悪いことでも有名です。

したがって、Aglet(アグレット)の運営が意識的にBinance(バイナンス)への上場を避ける可能性もありそうです。

決め打ちでBinance(バイナンス)を使うというよりは保険的に口座を作っておくほうがよいかもしれません。

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所【FTX】

Aglet(アグレット)がFTXに上場する可能性も小さくなさそうです。

FTXが特徴的なのは、FTX.JAPANとして日本にも展開し始めたことです。

まったく同じ取引所ではなくFTXとFTX.JAPANは別物ではありますが、日本展開を見越してAglet(アグレット)がFTXへ上場する可能性もなくはないでしょう。

ちなみに、FTXに関してはBybit(バイビット)同様にSTEPN、Sweatcoinのいずれも上場しています。

これらの併用を考えているのであれば、取引所の選択肢はFTX、Bybit(バイビット)の2つです。

Aglet(アグレット)が上場する取引所の決め打ちは難しいですから、とりあえずはその状態でAglet(アグレット)の上場に備えるのもよいのではと思います。

Aglet(アグレット)の上場に国内取引所はまずない

ここまで紹介してきた取引所はすべて海外の仮想通貨取引所です。

Aglet(アグレット)についてもいきなり国内取引所に上場することはまずないでしょう。

すでにお気づきかと思いますが、Move to Earnで稼ぐためには基本的に海外取引所の口座がほぼ必須です。

いまのAglet(アグレット)では金銭的な恩恵はないですが、今後の上場に備えるのであれば海外取引所の口座を作っておきましょう。

ただし、最終的に日本円にするためには国内取引所も必須です。

たとえば、Sweatcoin(スウェットコイン)の場合は「Sweatcoin→海外取引所→国内取引所→銀行口座」といったステップをふまなければなりません。

おそらく仮にAglet(アグレット)が上場したとしても同じルートを辿ることになるはずです。

海外の取引所が使えればそれでOKとはならないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所の安全性

Aglet(アグレット)が上場しそうな取引所はいずれも海外の業者です。

そのため、安全なのかという不安を持たれる人も多いようです。

これについては基本的に問題ありません。

海外の取引所は日本の金融庁の管轄下で営業していません。

そのため、怪しく見えるのも道理です。

しかし世界的に見れば、ここまで紹介してきた取引所はかなりの超大手ばかりです。

仮にAglet(アグレット)が上場しないとしても、基本的には他のサービス用にも安全に使えると考えて問題ないはずです。

ただ、海外の取引所は国内取引所にくらべるとかなり高機能な一方で、非常に使い方も難しくなっています。

Aglet(アグレット)のようなMove to Earnで初めて仮想通貨に触れるという人には少々ハードルが高いのは否めません。

Aglet(アグレット)の上場する取引所を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)が上場する取引所は判明していません。

それどころか上場する時期や内容も未定です。

とはいえ、現状、大手Move to Earnが上場した例でいえば「Bybit(バイビット)、Binance(バイナンス)、FTX」あたりが有力です。

これらはAglet(アグレット)以外のMove to Earnをするにもかなり有用です。

今のところAglet(アグレット)の上場予定は分かりませんが、とりあえず備えておくのであれば上記の取引所をおすすめします。