ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)の自転車・自動車・バイクを分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)を自転車や自動車・バイクで使えないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際のところそうした使い方をしても問題ないのでしょうか。

そこで今回はAglet(アグレット)の自転車・自動車・バイクでの利用について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)の自転車・自動車・バイクを分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクで使える?

Aglet(アグレット)は自転車や自動車・バイクのような乗り物での利用を想定していません。

使えないこともありませんが、獲得できるトークンは微々たるものです。

これはAglet(アグレット)が位置情報のほか、振動などで歩数をカウントしているからです。

したがって、正常な振動が生じない自動車や自動車での移動は歩数がカウントしづらくなってしまいます。

そもそもAglet(アグレット)は「歩くこと」を前提としたゲームです。

ゲーム内で利用するアイテムもスニーカーであって、自動車やバイクなどの乗り物は存在しません。

使えないことはありませんが、基本的には「歩いて稼ぐ」ものだと考えておきましょう。

Aglet(アグレット)の自転車・自動車・バイクは規約違反になる?

Aglet(アグレット)で自転車・自動車・バイクを使っても直ちに規約違反になることはないようです。

ただ、あまりにも露骨な使い方はいずれペナルティを受ける羽目になるでしょう。

たとえば、自動車で移動しつつ車内で振り子を使ったやり方などはおそらくペナルティの対象になりやすいはずです。

もちろん自宅で移動もせずに振り子を使うようなケースは論外です。

実際、Aglet(アグレット)は少し前にそういったユーザーを一斉にペナルティの対象にしたことがあります。

運営の想定していない使い方はグレーゾーンと考えておきましょう。

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクもある意味で必要

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクでの利用を想定していません。

しかし、現実的には自動車やバイクでの移動も欠かせません。

というのも、歩いていける範囲内にゲーム内で重要なスポットが存在しないことも珍しくないからです。

Aglet(アグレット)は「歩いて稼ぐ」ほか、トレジャースタッシュや修理ステーションに赴くことも重要なポイントです。

トレジャースタッシュとは、そこへ赴くとさまざまな報酬を得られるスポットです。

むしろ、Aglet(アグレット)は単純に歩くよりもトレジャースタッシュを利用するほうが重要かもしれません。

このトレジャースタッシュに関しては潤沢に存在するため問題になりません。

しかし、修理ステーションになるとおよそ徒歩では行けない場所にあることも珍しくないのです。

現実的には自転車や自動車・バイクがないと利用できないという人も多いはずです。

個人的なケースでいえば最寄りの修理ステーションは自宅から20Kmくらい離れています。

また、修理ステーションの上位版であるデットストックステーションに至っては40Kmほど遠くにしかありません。

普通に考えて、歩けば往復で20時間ほどかかります。

Aglet(アグレット)は歩くことを前提としていながら、現実的には地方にお住まいの人にとっては自動車やバイクも必須です。

トークンを稼ぐ目的では使えませんが、目的地へ赴くためには状況次第でほぼ必須と考えておきましょう。

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクでもスタッシュを使える?

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクでの「移動中」でもトレジャースタッシュを利用できます。

したがって、極端な話し、歩かなくとも自転車や自動車に乗ったままでも報酬を獲得できます。

ただ、それが効率的かといえば微妙なところです。

自動車やバイクで高速移動しているときはトレジャースタッシュもすぐに通り過ぎてしまいますし、歩くのにくらべて目的地へ行くルートもかぎられてしまいます。

そもそも、そうした使い方はペナルティを受けるリスクもあります。

自転車や自動車でAglet(アグレット)を使うにしても、やはり修理ステーションが遠いときなどのやむを得ない状況だけにしておくべきかと思います。

Aglet(アグレット)の自転車・自動車・バイク利用の注意点

Aglet(アグレット)を自転車や自動車・バイクなどの乗り物で使うときは、なにより事故に注意しておきましょう。

歩きスマホでさえ問題になるのに、自動車や自動車でAglet(アグレット)を使えば、より一層危険なのは言うまでもありません。

移動中でなくとも、信号機などでトレジャースタッシュを利用するのも他の人の迷惑になりかねません。

もし自動車やバイクでAglet(アグレット)を使うにしても、停止中ではなくどこかへ駐車してから使うようにしましょう。

なお参考までに、Move to Earn中の事故を意識した保険的なアプリも存在します。

保険金が貰えるというわけではなく緊急時に事前登録先に通知が届くような内容ですが、平時はわずかにトークンも稼げます。

具体名は控えますが、どうしても自転車や自動車・バイクでAglet(アグレット)を使いたい人はそちらの併用も検討してみましょう。

Aglet(アグレット)で自転車・自動車・バイクを使うよりは他サービス併用がおすすめ

Aglet(アグレット)でわざわざ自転車や自動車・バイクを使うくらいならば、いっそのこと他のサービスの併用をおすすめします。

自転車であればそれ専用のMove to Earnがすでに他者でリリースされています。

また、自動車やバイクであれば、手段を問わず移動距離で稼げるアプリが存在します。

「歩く」という要素を捨てて、ただ移動で稼ぎたいというのであればAglet(アグレット)にこだわらずそちらを使いましょう。

もっとも、Aglet(アグレット)に関しては今のところいくらトークンを稼いだとて金銭的な利益はありません。

多くの人はそこではなくゲームとしての楽しさを重要視しているのではないでしょうか。

そうした人は修理ステーション狙い以外は基本的に自転車・自動車・バイクの利用は控えておくことをおすすめします。

Aglet(アグレット)の自転車・自動車・バイクを分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)は自転車・自動車・バイクなどの乗り物での利用を想定していません。

使えないこともありませんが、それで稼げるトークンは微々たるものです。

一方で、現状のAglet(アグレット)はゲームの性質上、自転車や自動車の利用がないと到達できないスポットも少なくありません。

ここはユーザー次第でかなり不公平感のあると言わざるを得ません。

Aglet(アグレット)の運営には地域によるスポット格差は早めに是正してもらいたいところです。