ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)ユーザーのあいだではホットケーキ(hotcakes)という言葉がよく使われます。

しかし、始めたばかりの人にとってはまったく意味が分からないはずです。

そこで今回はAglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)とは

Aglet(アグレット)界隈ではホットケーキ(hotcakes)という言葉がしばしば使われます。

これは要するに、スニーカー購入の抽選あるいは待ち時間です。

Aglet(アグレット)は最近になってNFTスニーカーを実装しましたが、このNFTスニーカーをマーケットプレイスで購入しようとすると「ホットケーキ(hotcakes)」という警告が出がちです。

そして、一定時間経過後にようやく購入手続きに進めるようになります。

また、ホットケーキ(hotcakes)のスニーカーは必ずしも購入できるわけではなく、手続きがキャンセルされることもあります。

その過程でいったん支払ったトークンは返金されますが、かかった時間は取り戻せません。

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)は先着順とも抽選とも言われています。

ただ、いずれにせよホットケーキ(hotcakes)になったNFTスニーカーは入手難度が高いと考えておきましょう。

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)の由来

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)の由来はおそらく一般的な英語のスラングです。

英語ではホットケーキ(hotcakes)はあまり一般的ではなく、我々がイメージするホットケーキ(hotcakes)はパンケーキと表現されます。

一方で、hotは人気が加熱しているという意味を持ちます。

そのため、転じてホットケーキ(hotcakes)は「飛ぶように売れる」といった意味で使われるようになったそうです。

Aglet(アグレット)におけるホットケーキ(hotcakes)も要するに「人気急騰中」くらいに考えておくと分かりやすいかもしれません。

Aglet(アグレット)がホットケーキ(hotcakes)になる理由

Aglet(アグレット)のスニーカーがホットケーキ(hotcakes)になるのは在庫にかぎりがあるからです。

先ほどは軽く流しましたが、ホットケーキ(hotcakes)になるスニーカーはNFTです。

実は、今のAglet(アグレット)で流通しているスニーカーには「ノーマル」「NFT」「IRL」の3種類があります。

ノーマルスニーカーはとくに意識する必要もなく、普通にAglet(アグレット)で入手できるスニーカー一般です。

対して、NFTの入手は簡単ではありません。

「NFT」とは「Non Fungible Token」の略称で、簡単にいえば著作権付きのデジタルアートのようなものです。

したがって、有限であるため希望者全員に販売するというわけにはいかないのです。

これがAglet(アグレット)でNFTスニーカーだけがホットケーキ(hotcakes)になる理由です。

そして、最後にIRLスニーカーですが、「IRL」とは「In Real Life」の略称です。

つまり、実際に現実で履いて使える普通のスニーカーです。

Aglet(アグレット)は自社ブランドのIRLスニーカーも販売しています。

ホットケーキ(hotcakes)になることはありませんが、これらもまたNFT同様に非常に入手しづらい一品です。

ただ、IRLスニーカーはフリマアプリでも出品されています。

どうしても欲しい人はそちらでの購入も検討してみましょう。

Aglet(アグレット)でのホットケーキ(hotcakes)の使われ方

Aglet(アグレット)ユーザーのあいだでは「ホットケーキ(hotcakes)が焼かれる」というような表現も使われがちです。

これはホットケーキ(hotcakes)状態の待ち時間を意味します。

しかし、待ったからといって必ずしも買えないのは先に解説したとおり。

その場合は、「焼き上がったのに買えなかった」というように使われます。

ホットケーキ(hotcakes)にしてもそうですが、Aglet(アグレット)は隠語やスラングが多いような印象です。

しかもユーザー発信というわけでもなく、公式がさも当たり前のように使っています。

少し面倒ですが、分からない用語が出てきたらその都度調べるようにしましょう。

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)の注意点

Aglet(アグレット)でホットケーキ(hotcakes)になった人は誤発注に注意したほうがよさそうです。

経験談を見ると、ホットケーキ(hotcakes)が何か分からず購入ボタンを複数回押して、何足も同じスニーカーを購入してしまった人もいるようです。

価値のあるスニーカーなので損をするということはないでしょうが、意図せぬ購入は嬉しくないもののはずです。

Aglet(アグレット)でホットケーキ(hotcakes)になった人は焦らず焼き上がるのを待ちましょう。

ちなみに、時間はユーザーによってまちまちですが、1分や5分、長いと10分~30くらいはかかるようです。

1分くらいであれば楽しみに待てますが、10分や30分となるとシンプルにユーザーの利便性を損ねているだけのような印象です。

まだNFTスニーカーの実装から間もないので無理もありませんが、今後はAglet(アグレット)の運営には改善を期待したいところです。

Aglet(アグレット)でホットケーキ(hotcakes)を入手するメリット

Aglet(アグレット)のNFTスニーカーはノーマルスニーカーとは違い、NFTマーケットで取引可能です。

したがって、安値で買って高値で売れれば差額分の金銭的な利益を獲得できます。

これはノーマルスニーカーではできない芸当です。

ただ、実際にAglet(アグレット)のNFTがそこまで需要が高まるのかどうかは不透明です。

時間のかかるホットケーキ(hotcakes)を突破してまで入手する価値があるのかどうかは現状微妙なところです。

とはいえ、Aglet(アグレット)というゲーム内で考えれば、レアなスニーカーを入手できるのは間違いありません。

コレクション目的で考えれば十分なメリットがあるといえるかと思います。

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)のホットケーキ(hotcakes)とは、スニーカー購入の待ち時間あるいは抽選です。

主にNFTスニーカーの購入で発生し、ホットケーキ(hotcakes)が終わる(焼き上がる)までは購入できるかどうかさえ分かりません。

しかも待っているあいだ購入資金は一時的に拘束されます。

Aglet(アグレット)はホットケーキ(hotcakes)にかぎらず隠語、専門用語やスラングが多めです。

若干手間ですが、分からない用語を見つけたらその都度調べるようにしましょう。