ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)の画面の見方を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなAglet(アグレット)を始めてみたものの、画面の見方がさっぱり分からないという人も少なくないようです。

そこで今回はAglet(アグレット)の画面の見方を分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)の画面の見方を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)の画面の見方【メイン画面】

Aglet(アグレット)の画面の見方は全体的に分かりづらいと言わざるを得ません。

メイン画面にしても基本メニューのようなものは存在しません。

初めて使うときは画面上のそれらしい部分をタップしてみるまでは何ができるかも分からないはずです。

おそらくですが、メインメニューに該当する部分は画面下方のスニーカーのアイコンです。

そちらをタップすると利用するスニーカーの変更などの操作ができます。

また、メイン画面には他に天気マークと自身のアイコンなどがありますが、そちらもタップできます。

天気マークはそのまま天気の確認。

一見すると無駄な要素のようですが、Aglet(アグレット)は実際の天候もゲームに深く関わってくるため、これは意外と重要な機能です。

そして、自身のアイコンは服装やシェルフ(保有アイテム)の確認などが可能です。

Aglet(アグレット)の運営は直感的な見方ができると考えてこうした画面表示にしているのでしょうが、個人的には分かりづらいとしか思えません。

ここはできればいつか改善してもらいたいところです。

Aglet(アグレット)の画面の見方【マップアイコン】

Aglet(アグレット)のマップ画面は「Scan」をタップすることで周辺のスポットを表示できます。

この画面もまたアイコンだけではいまひとつ意味が分かりづらいと言わざるを得ません。

マップをScanして表示されるアイコンの見方は以下のとおりです。

・雷アイコン・・・トレジャースタッシュ

・Tのアイコン・・・スニーカーの修理ステーション

・ドクロのアイコン・・・デッドストックステーション

トレジャースタッシュは、そのゾーンへ入るとさまざまな報酬を貰えるスポットです。

Aglet(アグレット)の重要なゲーム要素のひとつで、画面をScanすると数多くのトレジャースタッシュが表示されるはずです。

スニーカーの修理ステーションはそのままの意味です。

Aglet(アグレット)のスニーカーは利用すると傷んでいくので、ときに修理ステーションで直す必要があります。

そして、それを怠って耐久値がゼロになったスニーカーはデッドストックステーションでしか直せません。

いずれも内容自体はシンプルですが、画面上のアイコンから連想しやすいとは思えません。

デッドストックステーションがドクロアイコンはなんとなく連想できるかと思います。

しかし、Tが修理、雷が宝箱などとはどういう見方をしたら連想できるでしょうか。

とはいえ、幸いにしてアイコンの種類自体は少なめです。

ここは割り切って早めに覚えてしまいましょう。

Aglet(アグレット)の画面の見方【ステータス】

Aglet(アグレット)で利用するスニーカーにはさまざまなステータスがあります。

スニーカーをタップすることで画面上には以下のようなステータスが表示されます。

・GCP・・・天候によって変動するステータス

・EARN RATE・・・トークン獲得の基礎値

・MAX BOOST RATE・・・ブースト時のトークン獲得量の最大値

・DURABILITY・・・耐久値

・CLASS・・・レアリティ

・LIFETIME STEPS・・・そのスニーカーで獲得したトークンの累積

・PURCHASED PRICE・・・購入価格

・REPAIR REMAINING・・・修理可能回数

GCPは天候によって変動し、その結果によってブースト倍率が変わります。

Aglet(アグレット)のスニーカーはこのブースト倍率×EARN RATEがトークン獲得量の基本になります。

DURABILITYは先ほど修理ステーションで出てきたステータスです。

あとはREPAIR REMAININGが重要な数値です。

実はAglet(アグレット)のスニーカーは修理できる回数が決まっています。

そして、この回数がゼロになったスニーカーはもう使えません。

GCP以外は、いずれのステータスも画面上で該当箇所をタップしたところで解説が出るわけでもありません。

GCPにしてもざっくりとした解説で、おそらくたいていの人は意味が分からないかと思います。

これらの見方はざっくりとでも覚えておきましょう。

Aglet(アグレット)の画面の見方【マーケット】

Aglet(アグレット)はマーケットプレイスでスニーカーを購入できます。

詳細画面で表示されるステータスの見方は先ほど解説したものとほぼ同じです。

ただ、商品検索で画面上にリストされるスニーカー情報の見方は簡略されすぎていて分かりづらいかと思います。

商品リストには以下のような情報が表示されています。

・盾のアイコン・・・耐久値(DURABILITY)

・星のアイコン・・・MAX BOOST RATE(ブースト時のトークン獲得の最大値)

・価格

価格は分かりやすいように思われるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

Aglet(アグレット)のマーケットの価格表示には「青」と「金」の2種類が存在します。

画面上の青い価格表示はAglet(アグレット)を使っていれば普通に稼げるトークンであるレギュラーアグレット。

金は主に課金で入手できるトークンであるゴールドアグレットです。

他に入手手段もあるにはありますが、そう簡単には貯まりません。

したがって、Aglet(アグレット)を始めたばかりの人の大半は青い価格表示のスニーカーしか購入できません。

Aglet(アグレット)の画面の見方は分かりにくい

全体的に、Aglet(アグレット)の画面は見方が分かりづらいと言わざるを得ません。

デザイン重視なのでしょうが、なるべくアイコンで済ませようといった雰囲気を感じられます。

たしかに、その成果もあってかAglet(アグレット)の画面デザインはスタイリッシュといえるかもしれません。

しかし、その代償として使い勝手がかなり犠牲になっているのではと思います。

一応、簡単にHELPは見られるものの、英語を無理やりに翻訳しているようで、およそ自然な日本語では読めません。

おそらく、分からないなりに英語で読んだほうがマシとさえいえるかもしれません。

総じて、Aglet(アグレット)を不自由なく使うためには慣れが必要です。

まずは画面の見方から手始めに慣れていきましょう。

Aglet(アグレット)の画面の見方を分かりやすく解説 まとめ

Aglet(アグレット)の画面の見方を全体的に解説してきました。

総じて、Aglet(アグレット)は何につけても説明不足な印象が拭えません。

メイン画面からして不親切で、どこをどうすれば良いのか初見では分からないのではと思います。

また、アイコンの意味やステータスの見方なども画面上ではほとんど説明がありません。

とはいえ、内容自体はそれほど難しくありません。

ここは仕方がないと割り切って早めに覚えてしまいましょう。