ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)は次に来るMove to Earnとして話題のアプリです。

そんなMove to Earnでは、一般的にAirdrop(エアードロップ)が大きな利益を出すチャンスのひとつとして考えられています。

ではAglet(アグレット)にもAirdrop(エアードロップ)はあるのでしょうか。

あるいは、そもそもAirdrop(エアードロップ)がどういったものかよく分からないという人も少なくないでしょう。

そこで今回はAglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)について分かりやすく解説していきます。

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)を分かりやすく解説

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)とは

Airdrop(エアードロップ)とは、要するに運営による配布です。

Aglet(アグレット)に関しては5月にNFTのAirdrop(エアードロップ)があったようです。

ただ、Airdrop(エアードロップ)されたのはゲーム内のアイテムであって、トークンではありません。

また、配布といっても条件を満たした人だけが対象です。

さらにいえば、そもそもAglet(アグレット)は上場していないため、仮にトークンのAirdrop(エアードロップ)があったとしても経済的な利益はありません。

一般的にAirdrop(エアードロップ)というと無料でトークンが貰える、まさに濡れ手に粟といったイベントのように思われがちです。

しかし、現状のAglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)に関しては単なるゲーム内の配布と考えて差し支えありません。

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)の今後

今後、Aglet(アグレット)がAirdrop(エアードロップ)を実施するかどうかは分かりません。

Aglet(アグレット)は年末にかけてトークンを上場する予定ですが、その内容も不透明。 上場する取引所も公開されていません。

上場の際にはNFT保有者向けにトークンのAirdrop(エアードロップ)を期待する声も少なくありません。

先に上場したSweatcoin(スウェットコイン)の場合、既存ユーザーに対して、ゲーム内コインと等価でトークンのAirdrop(エアードロップ)がありました。

Aglet(アグレット)に置き換えれば、ゲーム内通貨のGoldAglet(GA)の保有数に応じてAirdrop(エアードロップ)がありそうなものです。

しかし、Aglet(アグレット)に関してはそれを仄めかす発言さえ見られません。

また、GAは現金で購入できるのでそもそもAirdrop(エアードロップ)の条件には不適切です。

あくまでもこれは私見ですが、総合的に考えると今後もAglet(アグレット)がAirdrop(エアードロップ)でトークンを配布する可能性は低そうに思えます。

さらにいえば、最近のCEOの発言によるとAglet(アグレット)は上場後も単なるMove to Earnにはしない方針とのことです。

その発言も曖昧な言い回しばかりで具体的なことはほとんど分かりません。

ただ、少なくとも「歩いてトークンを稼ぐ」という一般的なMove to Earnの形態にはしない模様です。

全体的に、Aglet(アグレット)を一般的なMove to Earnと同種と考えていると、どこかで梯子を外されそうな予感がします。

ゲームとしては面白いので、「トークンを稼ぐ」というMove to Earnの亜種くらいに考えておくとちょうどよいかもしれません。

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)はスニーカー

Airdrop(エアードロップ)といえるかどうかは微妙ですが、Aglet(アグレット)は一定歩数を達成するとゲーム内アイテムのスニーカーを貰えます。

そのスニーカーは自分で使うこともできますし、マーケットプレイスで売却することも可能です。

しかし、今のAglet(アグレット)のトークンはゲーム内通貨としての価値しか持ちません。

したがって、一般的なAirdrop(エアードロップ)のように、濡れ手に粟で利益が出るようなことはありません。

上場にあわせてゲーム内通貨保有数に応じたトークンのAirdrop(エアードロップ)があれば話しは別ですが、先に解説したようにその可能性も低そうです。

Aglet(アグレット)が「次に来るMove to Earn」として話題なのは事実です。

ただ、徐々に今後の方針が明らかになるにつれて期待感も低下しているように見えます。

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)はオマケ程度か

今後、Aglet(アグレット)がトークンのAirdrop(エアードロップ)をするとしても大きなイベントにはならなそうです。

Aglet(アグレット)はトークン導入後も現在のゲーム体験を変えない方針です。

トークンも要素としては導入するものの、あくまでもゲームを補完する程度のものにするとしています。

STEPNのようにNFTがかなりの価値を持つようにはならないでしょう。

そして用途がかぎられる以上は需要も上がらず、売買で利益を出すのも難しくなりそうです。

したがって、仮にAirdrop(エアードロップ)でNFTやトークンを獲得できてもそこまでの旨味はないのではと思われます。

仮定や憶測ばかりで申し訳ないのですが、Aglet(アグレット)の運営が今後どういった展開を想定しているのかはまったく分かりません。

度重なるNFTリリースの延長などを考えると、運営もどう舵を切ったものか決めかねているとさえ思えます。

換金性で考えれば、今は明らかに「STEPN>Sweatcoin>Aglet(アグレット)」です。

シンプルにゲームを楽しむのであればAglet(アグレット)はかなり向いています。

一方で、経済的な利益を期待するのであれば、今後の種まき程度に考えておいたほうがよいかもしれません。

少なくともAirdrop(エアードロップ)で一攫千金のような可能性はほぼなさそうな印象です。

Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)を分かりやすく解説 まとめ

Airdrop(エアードロップ)とは、要するに運営による配布です。

Aglet(アグレット)もまたAirdrop(エアードロップ)がありましたが、経済的な利益で考えるとその価値はほとんどありませんでした。

また、今後、上場にあわせてトークンのAirdrop(エアードロップ)があるかどうかも不透明です。

個人的には「ない」可能性のほうが高いように思えます。

総じて、Aglet(アグレット)のAirdrop(エアードロップ)は一般的なものにくらべるとあまりメリットが見出だせません。

現状、Aglet(アグレット)は一般的なMove to Earnというよりはシンプルな位置情報ゲームくらいに考えておいたほうがよいかもしれません。